キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

腸を揉んで便秘解消、とってもお手軽で健康的な便秘解消術をご紹介

便秘解消に腸を揉むといい、これは昔から良く聞く方法です。勿論腸の動きが良くないのが原因で便秘をするケースは多いので、揉んで動かしてあげれば便秘解消に繋がるのは当たり前です。ではどういうやり方が一番いいのか、ご紹介しましょう。

強く揉まないで優しくマッサージ

揉むと言うと、ギュウギュウ揉んでしまうものですが、これは逆効果にもなります。あまりお腹をいじめてはいけません、優しくマッサージしてあげましょう。
これもご存知の方が多いでしょうが、お腹を時計回りにマッサージすると便秘解消と腸の動きを促進させる、と言われています。実際これは良く効きますので、このやり方で進めてみましょう。
仰向けに寝て始めます、と言うのも立ったままとか座ったままだと、内臓の位置がちょっと下がってしまうので寝て行うほうが位置的にも問題が無いからです。
手のひら全体を使うようにして、ゆっくりと時計回りにお腹をマッサージしていきます、出来るだけゆっくりと回します。急いでギュウギュウやるのではなく、お腹を温めるような感じでマッサージしてあげてください。

お腹と言ってもどの辺りをやればいいの?

そうですひと言でお腹と言ってしまいますが、結構広い面積です。手のひらはそこそこ大きくカバーできますが、出来れば大腸と小腸を別々にやってあげた方が効果的です。
大腸をイメージしてやる時は、出来るだけお腹全体をカバーするように手のひらで優しくマッサージしてください、小腸の場合はその内側おへその周りあたりをイメージするといいでしょう。
どちらも焦らずにゆっくりと温めるようにマッサージしてあげるのがコツです、1周5秒くらいかけて数分マッサージしていると「グルグル」と腸が動き出すのを感じる方も多いはずです。

持続して行うのが一番です

最後に、このマッサージ腸揉みで一番大事なのが、続けることです。1日だけやって後はまた便秘した時に、と言うのでは効き目が半減以下になってしまいます。
夕飯の後、ちょっと横になってこの腸揉みをすることを習慣づけてみてください、きっと固まっていたお腹も柔らかくなり動いてくれるはずです。