キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

鍵は効率よく乳酸菌を摂取すること!

ヨーグルトは便秘にいいということで有名ですよね。
毎朝便秘のために欠かさず食べている、という方も少なくないのではないでしょうか。
私も便秘には長年悩まされており、毎朝ヨーグルトとりんごやバナナなどの食物繊維の朝食をとる、なんて時期もありました。
今はやっていないんですが。
しかし、私はある方法で便秘を解消することができました。
そもそも、ヨーグルトはどうして便秘に良いと言われているのか考えてみてください。
そこに、今回私がご紹介したいことのヒントがあります。
ヨーグルトを食べるねらい、それは乳製品に含まれる「乳酸菌」の摂取ですよね。
乳酸菌が腸内環境の改善に働き、便秘の解消につながるというのは有名な話です。
私もヨーグルトを意識した食事の経験があると前述しましたが、結果ヨーグルトでは便秘を解消することはできませんでした。
逆に、お腹にガスがたまって余計にお腹の調子が悪くなり、便秘がちになってしまうような具合でした。
なので今はこの方法は実践していません。
同じ食べ物なら、納豆とかキムチとかの方が、個人的にはもっと効果があったような気がします。
少しだけ牛乳のアレルギーがありながら、それでも便秘が辛くリスクを感じつつ食べていたのですが。
では、どうやって私が便秘を解消したのか。
ヨーグルトではない、ほかの食品で効果を得たのか?
そうではありません。
私の場合、食品では効果はあっても、改善というところまで効果を感じられるものはありませんでした。
そこで始めたのが乳酸菌の医薬品です。
薬剤師さんと相談してドラッグストアで購入し、それを毎日飲んでいます。
ためしに買って見たものですが、今までの苦悩が嘘のように、お腹の調子が良くなりました。
医薬品といっても成分が乳酸菌と納豆菌なので安心です。
それに整腸剤と違って、癖になったりもしないので体にも優しいです。
これが私がヨーグルトを食べずに乳酸菌で便秘を解消した方法です。
結論、ヨーグルトはあまり便秘に効果はないと思います。
タンパク質なので、ひどい便秘の人にいったては結局ヨーグルトのタンパク質が腸壁に張り付いて、ヘドロのようにって便秘を悪化させてしまう危険もあります。
医薬品だと効率もいいですし、お店で薬剤師さんに相談してみると良いと思います。
私はこれにあわせてビタミンのサプリも飲んでいますよ。
なんでもビタミンCは乳酸菌の餌になるようで、乳酸菌がおなかの中で増えやすくなりますので、おすすめです。